物流ドローン運航特別講習

物流ドローン運行のための特別訓練

物流ドローンの運行に関しては現状、あらゆる制約条件が付いて参ります。現段階では安全を担保するため、離陸地点および着陸地点に操縦者を配置するのが基本となっています。そして比較的長距離の飛行になることが多いため、このパイロット間のやり取り、また地上局担当者とのやり取りを含めた近蜜なオペレーションが必要不可欠です。DOSAではこのオペレーション部分を専門に指導する講習を用意し、企業の皆様の物流ドローン業務のサポートをいしております。

受講資格

DOSA「ドローン運用技能認定」合格者もしくは、国土交通省公認講習団体の基本資格取得者

講習カリキュラム

時間 項目 内容
1時間 座学 法律・基準 航空法のうち、物流ドローンで大切な部分にフォーカスして復習。
1時間 座学 最適なチーム編成と役割分担 物流ドローン運行に最低な体制と役割分担について、事例も含めて説明。
1時間 座学 フライトルート作成方法 安全な飛行を前提としたフライトルート作成方法を指導。
1時間 実技 フライトプラン作成 業務を意識したフライトプランを実際に作成。
2時間 実技 模擬飛行練習 プランを変更しつつ、実際の運用を見据えた体制で模擬飛行練習を実施。

使用機材

ダイヤサービスオリジナル物流トレーニングドローン「DS-401D」
※ダブルプロポ仕様
※荷物用キャチャー付き

<スペック>
フライトコントローラー:PixHawk2.4.8
オートパイロット:CUAV X7
テレメトリー:2.4GHz
GCS:QGrandControl

費用

お一人様120,000円(税別)
※2名以上の場合は割引あり。直接お問い合わせください。
※上記価格は、テキスト代ならびに講習期間中の機体・PC等の貸出費用を含みます。

PAGE TOP